採用情報 お問合せ

技術情報

物理シミュレーションの機械学習に関する近年の動向と研究紹介

By 堀江正信 (Masanobu Horie)

2020年12月18日に、Nature Architects株式会社様主催の OpenNA #004 にて、「物理シミュレーションの機械学習に関する近年の動向と研究紹介」について発表しました。

発表スライドはこちらです。

著者情報

堀江正信 (Masanobu Horie)

最高研究開発責任者 兼 基盤研究部部長、JSTさきがけ研究者、筑波大学理工情報生命学術院博士後期課程

プロフィール

製造業の設計プロセスの効率化を目指し、シミュレーションに特化した機械学習アルゴリズムの研究開発・お客様との開発案件のプロジェクトマネジメントを行っています。また、2021年度から JSTさきがけ「複雑な流動・輸送現象の解明・予測・制御に向けた新しい流体科学」の研究員も兼務しています。