SaaS型 CAE プラットフォーム「RICOS Production Suite」が正式リリース

SaaS 型 CAE プラットフォーム「RICOS Production Suite」を正式にリリースしました。メッシュの読み込みから解析条件の設定、結果の確認までがブラウザ上で実行できます。

RICOS が正式にリリースした「RICOS Production Suite」は、ブラウザベースの SaaS 型 CAEプラットフォームです。 CAE をより多くの設計者に広めることを目標とした、CAE 作業が直感的に行えるサービスです。

今後は、OpenFOAM による流体解析の実装や非線形解析の機能拡充を行うほか、下記の RICOS 独自の技術を搭載していく予定です。

RICOS のミッション

CAEと AI の創発的研究

RICOS は、最適設計を瞬時に提案し、ユーザーがシステムとインタラクティブに対話することで製品設計を行う、CAE のワークフローが完全自動化された世界を目指します。

CAE ワークフローの研究開発を全て担うことで、一気通貫した CAE ソリューションを提供することが可能です。

RICOS Lightning

高速にシミュレーション結果を予測するアプリケーション

RICOS Production Suite を通して、シミュレーション結果を高速に予測するアプリケーション「RICOS Lightning」が利用できます。「RICOS Lightning」で使用されているのは、グラフニューラルネットワークをベースにした RICOS 独自の機械学習アルゴリズム「IsoGCN」です。すでに作りたい形状を実現する金型形状の予測や空力特性の予測での高速化に成功した例があり、数日かかるシミュレーションの結果を数分で予測した実績も有します。

Savanna

コア技術を支えるハードウェア

RICOS は、自社のデータセンターで数値計算と機械学習のそれぞれに特化したサーバー群 Savanna システムを運用しています。本システムは、解析プログラムにあわせて効率的に計算機を使用することで、膨大な計算量が必要となる AI 技術の計算基盤を担っています。あわせて、本システムや自社データセンターで得たノウハウを、お客さまの環境にあわせた HPC システム・クラウド環境として展開しています。

FrontISTR

コア技術を支えるソフトウェア

RICOS は、AI 用のトレーニングデータセットを生成するためにオープンソースの構造解析ソフト FrontISTR を使用しています。オープンソースの利点を活かし、市販 CAE ソフトよりも詳細な情報を抽出することで、機械学習の精度向上が期待できます。数値計算と機械学習の深い知識を持ち合わせることで、Mission の実現を確固たるものにしています。

技術情報